childcare

【レゴ】1歳半から安全に遊べるデュプロシリーズ‼︎大きさ、作品もご紹介♪

デュプロ アイキャッチ

今回は世界中で世代を超えて人気を誇る『LEGO』についてご紹介いたします。

中でも幼児向け『知育商品』でもある『duplo』をご紹介します。

赤ちゃんだなーと思っていたら、いつの間にか上手に手先を使えるようになっていませんか。

手先を上手に使えるようになると遊べるおもちゃの幅も増えてきますね。

皆さんも子供の頃に遊んだであろう『LEGO』の購入を検討しようか、悩んだことはありませんか?

ただLEGOで遊ばせるには誤飲が怖いと思う保護者の方が多いと思います。

そこで登場するのが『duplo』です!!

幼児用LEGOとして世界でも長年愛されているこのシリーズについて、ご紹介します。

duploとは??

デュプロの実物

まずは『LEGO duplo』について説明をいたしますね。

duploとは1969年にレゴ社が初めて幼児用のレゴブロックを発売しました。

50年以上も世界で愛されているシリーズですね♪
自分が子供の頃にもよく遊んだなと懐かしさも感じますね!

普通のブロックの2倍の大きさとして発売となり、誤飲防止や幼児でも掴みやすく、ブロックをはめやすい大きさで登場しました。

『duplo』はラテン語でダブルの意味があるそうです。

ブロックの大きさが2倍なことから付いた名前ですね。

「小さな手から始まる大きな一歩」を信念として開発されたこのduplo!!

脳の成長が一番活発であるのは0歳〜3歳と言われています。

また3歳までに脳は形成されるとも言われています。

「遊びながら学ぶ」をモットーにしているレゴでは、小さいお子さんが初めてブロックをくっつけれた瞬間から始まります。

『知育ブーム』の近年ではduploは再度大きな注目を集めています♪

>>¥3,170円 送料込み 基本セット>>

duplo の魅力 〜安全・学び・自信〜

duploに関して少し興味は出てきましたでしょうか?

筆者も子供たちにduploを1歳半から購入して遊ばせていました。

実際に使用した感想も踏まえて魅力を伝えようと思います。

私も感じたduploの魅力は大きく分けて3ポイントあります!

ニット帽君
まずは安全ですね!!

やはり小さい子供にブロックを与えるのは怖いと第一に思いました。

duploはただ遊ぶだけではない!!

子供の脳の成長にも抜群です。

キャップ君
メガネ君
そして自信ですね!

子供に自信を与えるのは少し難しいですよね。

オススメ
プッシュでゴー アイキャッチ
【プラレール】レール敷きがめんどくさい人オススメ!片付けも簡単”ぷっしゅでゴー”!

今回は我が子も愛用しているプラレールについてご紹介致します!! 私の息子は電車が大好きで毎日トーマスを録画視聴しています。 電車好きになったのは、電車が側を通る公園に連れていったことから始まりました。 ...

続きを見る

duploなら大丈夫!?? 安全が何よりも最優先!

小さい子供におもちゃを与えるに最優先するのが安全性ですね。

小さい子供の事故は多く、中でも誤飲の事故が目立ちます。

duploは誤飲しない大きさで作られているので、飲み込む心配はないと表記されています。

実物を見てみましょう。

デュプロ 大きさ説明

duploの中でも小さいブロックを集めてみました。

実物を手に取ってみた感想としましては誤飲の可能性は0ではないと感じました。

ただ口に入れることは可能ですが、飲み込むことを考えればほぼ不可能ではないかなと感じます。

成人男性でも飲み込むとなるとそれなりの覚悟が必要なレベルです。笑

1歳半〜2歳くらいの子ではブロックを口に入れるのも精一杯のサイズです。

筆者の子供はなんでも口に入れる癖が強い方でしたが、duploはなめたりはしましたが、口の中に入れることはなかったです。

口に入れずらい大きさで噛んでいる感じもよくなかったのかなと感じます。

なめても有害物質の心配のない素材で出来ていると公式にも記載がありますので、安心できますね!

『遊びながら学ぶ』ことで新たな世界観と脳への刺激

デュプロ作品1
1歳6ヶ月の頃に作成した作品

レゴは知育にいいとされていますが、何がそんなにいいのか?

それは様々な形と色合いのブロックがあり、どんな形にも変形することができます。

子供の創造力や空間把握力などを刺激することができます。

ちなみにですが、『東大生の70%が遊んでいたおもちゃ』としてもレゴは有名ですね!

レゴは自分の頭の中で想像した物を自分の手で作り出すことが可能なおもちゃです。

この過程がとても重要で、自分の想像力を養うだけではなく自分の手で工夫しながら作ることで脳の発育にも良いとされています。

『図形を立体的に見る』ことになりますので、自然と図形に対する対応力も身に付きますね。

ちなみに私も理系の大学出身で、図形の問題で行き詰まるとレゴブロックで実際に作成して立体的に見ることをしたこともあります。

また、duploは子供が大きくなり普通サイズのレゴを使用するようになっても使えます。

ということでコスパにもよくずっと使うことができます。

普通サイズのレゴになるとパーツも細かく様々なシリーズがあるので子供の関心に合わせて購入が可能ですね。

オススメ
D-Bike mini アイキャッチ
【1歳の三輪車】D-Bike miniは何歳から乗れた?魅力も併せてレビュー♫

キャップ君

続きを見る

失敗がないので自信を養える♪

レゴにはまず”失敗”がありません!

ニット帽君

いやいや、どんな形になるのか見本があるじゃん?

見本はありますが、それが全てではないです。

手元にあるパーツで自分が作りたいと思った物を作ることができれば”成功”なのです。

お父さん、お母さんも子供が好きなように遊ばせてあげてください。

子供に取ってはブロックをはめる、はめたブッロクを自分でとることが大きな成長です。

そこも含めて褒めてあげましょう♫

自分の子供がどんな物を考えて作っているのか見るのは楽しいですよね。

意外と大人では考えつかないデザインになったりもします。

♪まとめ♪

デュプロ 作品

duploについて今回は記事を書かせて頂きました。

少しでもduploの魅力とLEGOの学びについて伝えられていれば筆者としても幸いです。

東大生の70%が小さい頃にレゴで遊んでいたとレゴジャパン社の調査によって明らかになっています。

筆者自信もレゴについてはお世話になりましたし、ブロックは図形についての勉強にもなります。

子供の想像力を養う意味合いでも適しています。

後、子供はすぐに飽きますが筆者の家では一番長い時間遊んでいるおもちゃです。

ポイント

・誤飲による危険が限りなく低い

・舐めても問題のない素材を使用している

・自分で考えた物を自分で作ることができるので想像力が養われる

・自分で考えた物を作れたときは自信になる

・図形を立体的に見ることになるので、図形の勉強になる

・手先の運動になり、はめる・はずすが上手になる

・大きくなっても普通サイズのレゴと併用できる(一部)

日本ブログ村

  • この記事を書いた人

jjpapa

・上場企業勤務 中間管理職
・元個人事業主/建築業
・プログラミング、イラスト、溶接、重機運転、Excel
・双子のpapaで育児に奮闘中
・趣味:surf,camp,football,trip
・ブラジルで5年間サッカー修行
私の人生での経験〜育児・住宅関係・趣味〜などをテーマに記事にしています。           

-childcare