House

リビング階段って実際どうなのよ?後悔しないためにもよく検討しよう♪

リビング階段

今回はリビング階段にするメリットとデメリットを解説致します。

最近ではリビング階段が主流になりつつありますよね。

実はjjpapaの実家もリビング階段でした。

しかーし、jjpapaの建てた家はリビング階段を採用しませんでした。

何故リビング階段にしなかったのか?

解説して行きますね♪

リビング階段のメリット

・家族と顔を合わす回数を増やすことでコミュニケーションを取りやすくする。

・2階でお子様が寝ていて起きたとしても、泣き声で気付きやすい。

・階段部分もリビングの一部となるので、リビングが広く見える。

・1階の暖かさが2階にも届くので、2階に行った時に暖かい。

上記の4点が最大のメリットとなっています。

それでは細かく解説致します!!

家族と顔を合わす回数を増やすことでコミュニケーションを取りやすくする。

こちらはリビング階段にする最大のメリットですよね。

むしろリビング階段にする決め手はほとんどこのケースですね。

思春期になると会話が減るケースがほとんどだと思うので、せめて毎日顔くらいは合わせたいと思いリビング階段を採用する方が多いです。

また、子供が友人を連れてきた時に『今どんな子と仲が良いのかのチェックが出来るから』と言うご家庭もあります。

2階でお子様が寝ていて起きたとしても、泣き声で気付きやすい。

お子様が小さいとお子様が就寝後に親が自分のことをするケースがほとんどだと思いますが、2階にお子様が寝ていると起きた時に気づき辛い場合があります。

そんな時にリビング階段ですと2階の声が聞きやすいので便利ですよね。

また、少し大きくなってからも上にいるお子様を呼ぶときに呼びやすいという意見もありました。

階段部分もリビングの一部となるので、リビングが広く見える。

こちらは当たり前と言えば当たり前なのですが、階段部分もリビングにすることでリビングを広く見せることが可能ですね。

最近ではオシャレな階段も増えているので、リビングの広さを確保+オシャレアピールも出来ます。

特にスケルトン階段にアイアン手摺などが王道になりつつありますね。

アイアン階段

個人的な意見を言うとするなら

『確かにオシャレですが、思春期の女の子がいる家は少し気を使うかもしれませんね(苦笑)』

1階の暖かさが2階にも届くので、2階に行った時に暖かい。

1階で部屋を暖かくして家族団欒の時を過ごした後、2階に上がると目が覚めるような寒さを体感したことはあるのではないでしょうか?

眠い時にあれを喰らうと一気に目が覚めるので辛いですよね。

リビング階段ですと夏は涼しさが、冬は暖かさが上に伝わりやすいので比較的に快適です。

ただ、最近では全館空調を採用する家が多いのであまり関係がなくなってきているのは事実です。

もし、全館空調を採用しなければメリットの一つと言えるでしょう。

リビング階段のデメリット

・ニオイや音が上にも届くので神経質な方には苦痛。

・家族の客人がくると顔を合わせなくてはならない。

・冷暖房の効きが悪くなる。(全巻空調にするならさほど問題ではない)

こちらは3点となります。

デメリットの方も解説致します!!

ニオイや音が上にも届くので神経質な方には苦痛。

こちらも気になさる方は本当に気にされますね。

私の友人で最近家を建てて、リビング階段を採用した人は必ず言います。

『下の音がうるさい』、『気になって寝れない』

特に交代勤務の方にはおすすめは出来ません。

また、下で大声で笑っていると上で電話などしていても電話先の方に聞こえてしまうこともしばしばあります。

特に最近では高機密の家が多いので、下の音や上の音が結構響きやすいです。

家族の客人がくると顔を合わせなくてはならない。

こちらはお互いに嫌なのではないでしょうか?

稀に全く気にしないご家庭もございますが。

家族団欒でパジャマで過ごしている時に子供が友人を連れてくると少し気になりますね。

特に兄弟がいるご家庭で、女の子と男の子がいる場合は思春期は嫌ですね。

しかも学校が被っている場合、先輩 or 後輩にすっぴんやだらしない姿を見せる可能性があるので女の子は特に気にします。

jjpapaの家もまさにこれで揉めたことがありました。

また、客人もいちいち家族団欒のところをに通るのは嫌ですよね。

そうなるとせっかく思春期に顔を合わせてコミュニケーションを取るためにリビング階段を採用したのに、家に帰ってこないケースもしばしば。

冷暖房の効きが悪くなる。(全巻空調にするならさほど問題ではない)

こちらはメリットの部分で紹介したことと少し矛盾する気がしますが、空間が大きくなる分やはり冷暖房の効きは悪くなります。

上に記述していますが、全館空調の場合はさほどデメリットにはならないかもしれませんね。

また、現在は住宅の質も向上していて高機密高断熱の家も多いのである程度は気にならないケースも。

対策をすれば補えるデメリットではあります。

まとめ

如何でしたか??

メリット、デメリットの部分は家族構成で少し考え方は違うかもしれませんね。

jjpapaがリビング階段にしなかった理由はやはり子供目線で考えて、子供にも子供なりのプライベートがあると考えたからです。

実際に思春期の時にリビング階段だったことから家に友人や彼女を連れていくのが嫌であまり家に帰らなかったのを覚えています。

友人や彼女を家に連れてくる時に家族全員が集まっている中通っていくのはなかなかきついですよね(苦笑)

そして社会人になってすぐに家を出ました。

jjpapaの兄弟も全員家を出てしまったので、家には両親しか残っていません。

もちろん社交的なお子様でいくつになっても両親と仲が良いご家庭もございますので、少数派だと思います。

個人的に子供が女の子だけの家族構成のご家庭はリビング階段でもいいかもしれませんね。

日本ブログ村

  • この記事を書いた人

jjpapa

・上場企業勤務 中間管理職
・元個人事業主/建築業
・プログラミング、イラスト、溶接、重機運転、Excel
・双子のpapaで育児に奮闘中
・趣味:surf,camp,football,trip
・ブラジルで5年間サッカー修行
私の人生での経験〜育児・住宅関係・趣味〜などをテーマに記事にしています。           

-House